大丸松坂屋で買える今年っぽい色のコートなら、このブランド

 

脱・百貨店っていうことで、路線を変えた「大丸・松坂屋」には、けっこう良いレディースファッションブランドが揃ってますよね。

 

特に「あの人、お洒落で素敵だよね」って、他の人から言われるような20代後半〜30代の大人の女性向けのブランドが目白押し。

 

冬服の主役になるコートでも、各ブランドから、今年っぽい新作が販売されてるので、早速、チェックしていきましょう。

 

先ずは、今年の冬ファッションのトレンドカラーを代表するこの2着です。

 

 

キャメルベージュのチェスターコート Theory(セオリー)

 

Theory(セオリー) チェスターコート

 

肌なじみのいい旬のキャメルと、美しいシルエットが存在感を放つコートです。ドロップショルダーで、オーバーサイズに仕上げてあり、今っぽいラフな雰囲気も魅力です。

 

ディテールをミニマムにまとめてあるので、シルエットのラインの美しさが際立つデザインになっています。

 

ボリューミーなホワイトニットに、白パンツを合わせたシンプルな装いを引き立てます。


大阪心斎橋店 梅田店 京都店 神戸店 東京店 札幌店

 

 

淡グレーのチェスターコート TOMORROWLAND(トゥモローランド)

 

TOMORROWLAND(トゥモローランド

 

明るめのグレーでネップ生地の表情豊かな雰囲気が、纏うだけで華やかな印象にしてくれます。

 

ワイドパンツを中心にワントーンでまとめたスタイルや、今どきのマニッシュな着こなしと相性のいいチェスターコートです。

 

ゆったりしたロング丈と太パンツの最新スタイルにピッタリな1枚です。


神戸店 東京店

 

 

大丸松坂屋で取り扱いのあるベージュ系やグレー系コートでは、このほかにも、以下のようなブランドがおすすめです。

 

上品な綺麗を演出するベージュ、クリーム、ホワイト系コート

 

メルトン素材のコート BLUE LABEL CRESTBRIDGE (ブルーレーベルクレストブリッジ)

防寒性にすぐれたメルトン素材のコートを、フィット感のある細身シルエットに仕上げてあるコートです。大きめのボタン使いやフラップポケットで、前を閉じたときも小物なしで着映えします。黒のスキニーパンツで、シャープにまとめたスタイルと好相性です。

 

大阪心斎橋店 梅田店 京都店 神戸店 札幌店 福岡天神店 名古屋店 静岡店

 

 

上質なカシミヤコート NATURAL BEAUTY(ナチュラル ビューティー)

しなやかで上品な光沢感を持ったカシミアコートは、見た目にも伝わる上質感で、大人の洗練をアピールします。ピンクベージュのカラーが、女っぽさを演出するトレンチコートです。スカートスタイルにレディライクに着こなせます。

 

梅田店 京都店 東京店 札幌店 名古屋店

 

 

リッチなファーコート JUSGLITTY(ジャスグリッティー)

Iラインに毛足の長いファーをたっぷりとあしらった、クラス感あふれる主役級のコートです。色合せに迷わないライトベージュで、どんなアイテムとも合わせやすく使い勝手が抜群です。辛口ニットとスカートで大人っぽいスタイリングがおすすめです。

 

東京店 札幌店 名古屋店

 

 

大きめショールのガウンコート LOUNIE(ルーニィ)

大きめのショールカラーが、上半身をコンパクトに見せて、小顔効果もある嬉しいコートです。前を開けて気ながしても、きれいにきまるのが今年のガウンコートです。ベルトを閉めれば、よりエレガントな雰囲気も楽しめます。全身をワントーンコーデにすると、こなれ感が増します。

 

梅田店 京都店

 

 

クールな美しさを演出するグレー系コート

 

ロング丈チェスターコート SHIPS(シップス)

今年顔のチェスターコートは、細身のロング丈でバランスがよくデイリーに活躍する1着です。アルパカ混のやわらかな風合いが、ほのかな女性らしさをかもしだします。白シャツにワイドパンツを合わせたハンサムスタイルとのコントラストが、ワンランク上のオシャレ上手のテクニックです。

 

神戸店 東京店

 

 

フード付きニュアンスコート INDIVI(インディヴィ)

ベーシックカラーにも、きれい色とも相性のいいいライトグレーで、凹凸感のあるプークレージャージ素材が温かみを添えます。フードへとつながるショールカラーがポイント。顔まわりをすっきりと見せて、スタイリッシュにきまります。

 

心斎橋店 梅田店 京都店 神戸店 東京店 札幌店 福岡天神店 名古屋店 静岡店

 

 

ショート丈コート kumikyoku(組曲)

パンツにもスカートにも合わせやすい着まわし力に加えて、着脱しやすいスナップボタンなので実用性もうれしいコートです。裏地の白が華やかなアクセントになっています。大人カジュアルに辛口ワンピースとの合わせがおすすめです。

 

梅田店 京都店 神戸店 東京店 札幌店 福岡天神店 名古屋店 静岡店

 

 

ゆったりサイズのコート BORNY(ボルニー)

オーバーサイズでありながら、動きやすくてボディラインをキレイに見せてくれるコートです。サイドスリットと、アームホールからの長めのダーツで体を立体的に見せるデザインです。大きめの襟で全体を引き締めて、メリハリのあるスタイルに仕上がっています。エレガントにもスポーティにも着こなせます。

 

札幌店 名古屋店

 

 

 

2018-2019シーズンのレディース冬アウターのトレンドは?

2018年〜2019年のレディース冬ファッションのアウターのトレンドは、ダウンもコートもビッグシルエット。

 

きれいめな冬コーデなら、ショートダウンを合わせる手もありますが、基本的には、各ブランドとも、新作では、ドロップショルダー気味のオーバーサイズコートの投入して来ています。

 

冬アウターをはじめ、今年のレディース冬服トレンドは、以下のサイトでも、海外ブランドを中心に紹介されてるので、参考にしてみて下さいね。

 

レディース冬服2018〜2019!今年の冬の流行ファッションが欲しい

F.i.n.t(フィント)のネイビーのダッフルコート買いました

札幌ステラプレイスにお店が出来てから、かわいい洋服があって気になっていたお店が「F.i.n.t」です。

 

今では、インターネットで、このブランドの情報を、けっこう調べているのですが、以前は、まだ、そんなに詳しくもなく…。

 

でも、見た目がが可愛いので、何回か通ってるうちに、ついに買ってしまったのが、この「紺色のダッフルコート」です。

 

F.i.n.t のネイビーのダッフルコート

赤色も売っていたのですが、大人なので紺色の方が落ち着いて見えると思いました。

 

前年にも、冬コートを買ったのですが、それはポンチョみたいなものだったので、次はダッフルコートが欲しいなと思っていたところに目に入ってきました。

 

普通のコートよりも、何処かデザインがかわいらしいのが好きなのです。

 

このコートは、裾やフードに青と白を基調としたチェックが差し色で入っています。

 

そしてトグルの部分の布地がハート型というのも、私が気に入る要素でした。

 

洋服ブランドは、やはり需要が多い都心の気候に合わせたものを作っています。

 

北海道在住の人には、デザインが可愛くても「寒い」と思ってしまうコートが多いです。

 

でもこのコートは、取り外しできる中敷きがあるのも魅力です。

 

インターネットでは分からなかったのですが、身長の小さい私が着ることが出来る長さかどうか確認に行った時に、店員さんに教えてもらいました。

 

この時点で、買うことは決めていました。

 

かわいくて、機能性もあるコート。

 

小さい私でも着ることが出来る。

 

いつ買おうかなと迷っていると、会員カード割引のお知らせが届き、少しだけ安く買うことが出来ました。

 

とてもお気に入りのコートなので、これから先、何年も着ようと思ってます。